シロアリ撃退のために大切なこと

シロアリ撃退のために大切なこと

駆除中

悪質業者を見極める

業者の中で、最も注意しなければならないのが悪徳業者です。どんな業者にもひっそりと存在し、地雷のように誰かが引っかかるのを待ち続ける非常に面倒な業者、悪徳業者。毎年誰かが被害にあい、痛い目にあっています。
筆者の家も、シロアリ駆除ではありませんが、悪徳業者に引っかかったことがあります。あまりにもずさんな工事をしており、風呂の水漏れがひどくなりました。しかし、気づいた頃には後の祭りであり、業者は姿を消し、退散してしまいました。この場合、泣き寝入りしか出来ません。
こうならないためにも、悪徳業者の手口はよく理解しておきましょう。
というわけで、ここではそんな悪徳業者の基本的な手口などを紹介していきます。

訪問型の営業にご用心

基本的な手口としては、訪問販売を装ってやってくる業者さんです。
「現在無料で床下検査を行っております」などといい、床下を調べようとしてきます。この場合、断ればそれで良いのですが、もしOKした場合、注意をしなければなりません。調査をした後、あの手のコテを使い、商品を買わせようとしてきたり、シロアリの予防処置を行わせようとしてきます。
この時、キャンペーン中だとか何とか言い、今なら半額だの景気のいいことをいいながら、なにか買わせようとしたり、サービスを受けさせようとしてきます。これで依頼した場合、相場より高額なサービスを受け、ずさんな施行を受ける可能性が高くなります。
半額という言葉はたしかに魅力的かもしれませんが、そもそもの値段で判断しましょう。100万円のものが50万になったとしても、相当な高額であることに変わりはありません。こうならないように、まずはきちんと相場を知っておかなければなりません。
また、「~の方からきました」という業者は、ほぼ確実に悪徳業者だと思っても構いません。「~の方」とは、十中八九「~の方角から」の意味であり、その会社とは無縁であることが殆どです。

安い見積にはご用心

別項目でも説明しましたが、安い値段での見積もりを出す業者にも要注意です。最初は安い値段で見積もりを出し、作業を開始した途端に、アレコレとオプションを付け、結果的に他の業者と大差ないどころか高く付くというケースは珍しくありません。
回避方法としては、「この見積以上値段は増えないか」という質問をすることです。この場合、絶対にないと断言した場合は問題ありませんが、言葉を濁した場合、値段を上乗せする可能性は高いです。