シロアリ撃退のために大切なこと

シロアリ撃退のために大切なこと

シロアリ害に負けないためにおぼえておきたい撃退方法や床下対策 シロアリの種類 駆除方法について

コラム一覧

  • シロアリとは

    シロアリとは

    シロアリの生態や種類というのは、知ってみると実に興味深いものであり、様々な秘密がたくさんあります。シロアリはアリではなかったり、どんな種類が居て、どんな生活をしているのかなど、知って見れば見るほど、シロアリという生き物は様々な特徴があるのだなとわかります。ここでは、そんなシロアリについての基本的な情報を紹介しています。シロアリとアリの見分け方や、シロアリの生態を知ることで、シロアリに対する対抗策を見つけてみましょう。生体や種類を知るだけでも、家をシロアリ害から防げる方法は見つかるものであり、知っておいて損をするということはありません。また、シロアリのちょっとした豆知識も合わせて紹介していますので、生き物好きな人も参考までに是非読んでみてください。面白い駆除方法や、見分け方など、いろんな豆知識を紹介してますよ。

    OPEN
  • 駆除の方法について

    駆除の方法について

    シロアリ駆除に一番有効な手段。それは薬剤を使った駆除方法です。市販されている殺虫剤を使い、噴霧すればシロアリはカンタンに駆除ができます。では、シロアリ駆除は駆除業者が居なくても大丈夫なのかというと、もちろんそんなことはありません。たしかに10匹20匹のシロアリを駆除するのであれば殺虫剤を買ってきて、噴霧すればそれで済みます。しかし、シロアリに家を侵入された場合、それだけではすみません。家に侵入されたシロアリは、効率的各確実な方法で駆除をしなければなりません。ここでは、そんなシロアリ駆除に際して使用する、薬剤を使用した駆除脳方法を紹介していきます。薬剤の種類や、薬剤の安全性、そして、少量の薬剤で駆除が可能なベイト工法など、方法は様々です。それぞれ、どんな特徴があり、どんなメリットがあるのかは、知っておいて損はありません。

    OPEN
  • 業者選びのポイント

    業者選びのポイント

    駆除業者に頼むのが、シロアリ駆除において最も正解に近い駆除の方法です。シロアリの数は数え切れないほど存在し、一人で駆除をしようとすると、膨大な時間と作業量になる上に、コストやリスクも大きく、挙句の果てに駆除しきれないというケースも珍しくありません。確かにセルフチェックはコストが一切かかりませんが、素人が行うチェックというのには、限界があります。よって、シロアリ駆除や、チェックは、プロに任せたほうが確実であり、結果的に被害を最小限に抑えることができる最善の方法といえます。 しかし、シロアリ駆除業者ならどこでも良いというわけではなく、きちんと考え、吟味して選ばないと、シロアリと同じくらい厄介な存在である、悪徳業者によって駆除料金をふんだくられる可能性だってあります。 ここでは、業者に関する様々な基本的情報を紹介していきます。

    OPEN
  • シロアリ被害の実例

    シロアリ被害の実例

    シロアリ害とはどんなものがあるか。一番大きく影響するのが、経済面での被害です。家がシロアリによって襲われた場合、その襲われた所をリフォームして直さなければ、家がそこから弱っていってしまうからです。弱って家というのは、自信や雨風に弱くなってしまい、様々な問題を家に引き起こしてしまいます。そうなってしまうと、さらにその補修でお金がかかり、シロアリ駆除よりもはるかに高額なリフォーム費用を請求されてしまいます。そんな事態にならないように、シロアリの被害というのは真剣に考えなければなりません。ここでは、シロアリ被害の実例や、被害のケースについて紹介していきます。ここで紹介するのは、ほんの被害の一例であり、もっと様々なケースが存在します。こうならないためにも、警戒は怠らないようにしましょう。

    OPEN

害虫シロアリ~生体と対処方法~

家を持つと、様々なトラブルが起きます。水漏れが起きたり、老朽化したらあちこちにヒビが出来たりと、家は長く住めば済むほど沢山の問題が生まれます。
そんな問題の中でも、一番怖いのが、害虫や、害獣が住み着くことです。例えば、害獣ならば、ネズミやイタチが厄介な害獣として紹介されています。特にネズミは病気を媒介し、あちこち家をかじるので、最も厄介な生き物として知られています。
基本的に、害獣は市役所に届けなければ駆除できないのに対し、ネズミのみは無許可でも駆除できることからその厄介さがわかると思います。それほど速く対処しなければならない害獣なのです。

人体ではなく、経済面に害を及ぼすシロアリ

害獣に対し、害虫はあまり重要視はされていません。駆除をするのに許可はいらず、駆除のための道具もたくさん売られています。しかし、害虫の中でも、非常に厄介な生き物が居ます。それが、シロアリです。
シロアリは、病気を媒介しません。ハエやゴキブリ、ネズミといった害獣や害虫は、不潔な場所で生活するため、病気のウイルスを媒介し、人に被害をもたらします。
シロアリは、人に噛み付いたり、刺してきたりしません。ムカデやハチといった害虫は、人を襲う可能性もあり、ハチに至っては刺された場合アナフィラキシーショックを起こし、命にかかわる事にもなります。また、蚊やノミのように、血を吸ったりもしてきません。
シロアリは、人体にはまったく無害な生き物です。では、何故害虫の中でも厄介なのか。それは、家を食べるからです。シロアリは、家の木で出来た部分をかじります。家だけではなく、家にある木で出来たものならなんでも食べるので、インテリアから雑誌まで何でも食べます。よって、間接的に人に害を及ぼす虫となっています。

その中でも、特に大ダメージを与えてくるのが、人の経済面においての打撃です。家の壁や柱はもとより、貴重な木像や文献資料がシロアリによって食い荒らされた場合、その被害総額は計り知れないものになってしまいます。
よって、シロアリは害虫の中でも最も恐ろしい害虫として、知られています。
シロアリ害は、虫歯のようなものです。たとえるなら、家が歯で、シロアリが虫歯だと思ってください。初期段階で処置すれば、被害は軽いもので済みます。しかし、放置してしまえば、放置するほど被害は広がっていき、最終的に取り返しの付かないことになってしまいます。
そして、虫歯と同じく自然治癒はありません。対処して、処置しなければシロアリ害は無くならず、ボロボロに食いつくされるまで延々と被害が拡大し続けます。昔関西で起きた阪神淡路大震災時に、シロアリ被害にあった家屋は、一つ残らず倒壊しました。シロアリによってボロボロにされた家というのは、これほどまでに家を弱らせてしまうものなのです。

被害にあったら、まずプロに相談

そして、シロアリ害が発生した場合、虫歯と同じで個人の手で治療するのは極めて難しいです。ケガをしたら外科、病気になったら内科、そして虫歯になったら歯科を利用するように、シロアリ害にあった場合、専門の駆除業者を利用して、シロアリ駆除を行わなければなりません。
たかが虫、殺虫剤さえあればカンタンに駆除できると思ってはいけません。被害が拡大したシロアリは、駆除の方法もしっかりと考えなければ全滅させることは難しく、駆除しそこねた場合、被害の進行速度は遅くなりますが、それでも静かに、ゆっくりと被害は広まっていってしまいます。
よって、シロアリ駆除は完璧に行わなければなりません。

当記事では、そんなシロアリ駆除の情報を始めとした、シロアリについて、様々な情報をお伝えしていきます。
シロアリの特徴や生態、種類や駆除方法などといった基本的なことから、駆除業者の特徴や選び方、そしてシロアリ並みに厄介な存在である悪徳業者の見分け方など、シロアリに対する基本的な知識を徹底的に紹介しています。
今まさに被害にあっており、どうすればわからないというのであれば、是非参考にし、そしてすみやかにシロアリ駆除を行ってください。
そして、まだ被害にあってない人は、ぜひとも当記事を読んでおき、知識を蓄えておくことをおすすめします。敵を知り、己を知れば百戦危うからずという言葉があるように、シロアリの基本的なことを知っておけば、いざシロアリがやってきたとしても、落ち着いて対処でき、被害を最小限に抑えることが出来ます。
他にも、ちょっとした豆知識も交えて紹介していく予定なので、豆知識やトリビアが好きな方は、ぜひ読んでください。シロアリの意外な事実なども紹介していますので、興味のある方は是非どうぞ。

当サイトでは主に、シロアリの基本情報方、駆除方法、業者の選び方、シロアリ被害の実例の、4つのカテゴリを主として、お話を紹介しています。今、どんな情報がほしいのか、知りたい情報のカテゴリーから記事を読み、知りたい情報を得てください。当記事が、何らかの形でシロアリ害を最小限に抑え、大きなリスクを未然に防げることができれば、幸いです。